相棒のバイクにお別れを

バイクの中古を安全に購入するには

バイクの中古を安全に購入するには バイクの中古はクルマ以上に安全性を重視するべきです。
タイヤが2本という性質上、ハンドルやフレームの歪みは致命的となります。
外観上は何も問題がなくとも、極端に値段が安いなどの違和感を覚えるときは購入を避けたほうがいいでしょう。
ただし、バイク屋が在庫処分のために格安価格で売りに出すこともあります。
実際に店に行って、中古バイクを目視でチェックし、試乗して歪みのチェックも行っておきましょう。
試乗に対して消極的な店からは購入をしないほうがいいでしょう。
価格には相応の理由があるものです。
価格が安いほうがいいに決まっていますが、なぜ安いのか考えてみることも大切でしょう。
不自然に安いような状況では、何か理由があると考えるべきです。
バイクの不具合は事故につながるので、安全性のためにも安さだけにつられて購入してはいけません。
試乗をすることで、足つき性の判断もできます。
バイクの事故で最も多いのは立ちゴケなのです。
停車しているときにフラついて、そのまま転倒してしまうのです。
これを防ぐためには、片足だけでもべったりと接地するマシンを選ぶことです。
片足べったりは重要なポイントであり、これをクリアできれば足つき性の問題はひとまず安心です。

バイクを廃車にするなら高く手放す

廃車にするべきバイクには価値がないと思う方が多いでしょうが、実際には思わぬ価値があるケースも少なくありません。
廃車の買取専門サイトを利用して、買取してくれる店を見つけましょう。
バイクは中古になった時点で、その価値が変動するものです。
中古バイクには明確な価値基準はなく、買取業者が独自に価値を決めて買取額を設定しています。
それゆえ、業者により買値が大きく変わってくるのです。
これは中古はもちろん、廃車にするべきマシンにも言えることです。
水没して動かなくなった、事故を起こして修理するにもお金がかかる、といったマシンを売却するときは、お金になると認識することが大切です。
価値がないと決め付けてしまうと、査定なしと告げられても信用してしまうでしょう。
それどころか、リサイクル費用を請求してくる業者まであります。
廃車を処分するのだからお金がかかるのは当然と考える方は多いですが、どんなバイクも無価値になることはありません。
価値が下がることはありますが、決して無価値にはなりません。
これを知っておけば、タダで手放そうとは思わなくなるでしょう。
バイクを売る場合も、複数の買取業者で査定を受けて売るのが基本です。
複数業者を比較して、1円でも高く売却しましょう。

中古バイクについてもっと知ろう!

バイクが動かない・・・廃車か・・・どこでどうやってするの!?

NAVER まとめ

原付から大型までバイクの無料廃車ができるサイト

バイク 廃車